SNAPSHOT in China

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冰淇淋【bing1 qi2 lin2】




haiku-003.jpg






テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/08/23(日) 09:13:12|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東煮【guan1 dong1 zhu3】

近所にまたファミリーマートが出来た。

数えてみると、家から歩いて行ける距離に7店もある。

最近私がつい買ってしまうのが、「法式香濃布丁」(フランス式濃厚プリン)という高級プリンだ。

日本でも売っているのだろうか。

味も絶品だが、手に残る小瓶が嬉しくて、目的もなく集めている。

悪い癖だ。

それから、小腹が空いていれば、おでんを買うのだ。

大根が7角と安い。

店員さんはおでんを掬うとき、決まってマスクをする。

日本でもそうだったっけ。

そうして、大根は必ず紙コップの底に収まりよく沈められている。

ここで一句浮かんだ。

haiku-001.jpg

もう一句、

haiku-002.jpg

今日も傘を差しておでんを買いに行くところ。







テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/08/21(金) 20:55:27|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紙牌遊戯【zhi3 pai2 you2 xi4】

H先生のクラスの子供が、学校に『UNO』を持ってきた。

先生に、これを皆でやりたいと言ってきたらしい。

授業では、日本で購入した外国人学習者向けのトランプ(結構なお値段がします)や、

近所の名刺制作会社に頼んで作ってもらった学校のロゴ入りオリジナルカードゲーム(といっても表は手書き)を用いて遊んでいるため、

じゃ、『UNO』も授業でしてもいいよね、という子供の発想である。

トランプのページワンとそんなに変わらないじゃないかというのと、

『UNO』は確か、スペイン語か何かである。

ちょっと日本語の勉強から離れている気がする。

が、カードを出すときに数字を読むぐらいの練習はできるので、許容範囲ではある。

わざわざその子は日本語説明書まで印刷して持って来たらしい。

囲碁を持ってきた勘違いな坊やもいたので、それに比べると大分まともなご提案である。

さて、自分はたまたま時間が空いていたので、少し様子をうかがってみた。

ルールがわかり、慣れてくると、やはり楽しそうだった。

ここで一つ、トランプとの違いを発見した。

それは「色」である。

『UNO』は赤、青、緑、黄色、の4色構成だ。

今まで『ページワン』をするときは、

「スペードのなな!」「クローバーのはち!」など言いながら遊んでいたが、

色の名前のほうが誰がどう考えても「スペード」や「クローバー」より重要単語である。

そのクラスは8人全員女の子+先生も女性、という女塾なので、様子をちらとみて、

すぐ退散させていただいた。

翌日、上司とカフェにて。

「UNO、意外といいですよ。色があるのがいいです」

「あ、そう」

「ひとつ、うちで買っておきますか」

「でも、4色だけでしょ? だったら6色ぐらいのをうちで作ったら?」

「いや、既製品の方がかっこいいですよ。これから色を勉強したところで毎回『UNO』をしておけば、結構時間稼げますよ。ゲームだと覚えるの早いし」

「・・・・・。いいんじゃない。でも、どこで売ってんの?」

「上のトイザラスで売ってます」

そこのビルにはトイザラス(玩具‘反’斗城)が入っていて、何度が行っているので、

『UNO』が売っているのも自分は知っていたのである。

玩具を見ながら、何か授業に使えないかな、と考えるのは結構楽しいのだ。

「50元ぐらいでしょうか」

「いやそんなにしないでしょ。20元ぐらいじゃない?」

それから、一人でトイザラスへ行ってみると、やはり50元。

輸入ものですから。

普通トランプは5~10元ほど。

小心者の自分は、とりあえず保留とした。

明日、H先生に訊いてみるつもりだ。

「『UNO』、結構使えますね」

「そうですね」

「ひとつ、学校で買っておきましょうか」

「あっ、いいですね!」

きっとこんな展開となり、ちょっと気が楽になったところで再びトイザラスへ足を運ぶのである。

UNO.jpg




テーマ:日本語教育 - ジャンル:学校・教育

  1. 2009/08/14(金) 21:51:32|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粉笔【fen3 bi3】

普段はホワイトボードを使用しているのですが、

黒板の教室も臨時で使うことになったので、文房具屋にチョーク《粉笔》を買いに行った。

あまりに安いので、びっくりした。

50本入りで、1.5元!

一本あたりだと0.03元、日本円に換算すると、一本あたり0.4円!

100円で250本!

因みに、今使っているホワイトボードのマーカーは1本で4元ぐらいする。


テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/07/09(木) 00:33:33|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

このガキは あなたのですか。

今日の授業での、Lさんの誤読です。

彼は、教科書「みんなの日本語」練習Cの一文、

「この かぎは あなたのですか。」

という文を、

「この ガキは あなたのですか。」

と言ってしまった。

もちろん、他の学生はただのLさんの発音の間違いとしか認識していない。

ぼくはその時間中、一人苦しんだ。

どんなシチュエーションだろう。

礼儀正しいヤクザが放つ、嵐の前の静けさのような一言である。

言われた方のおかあさんは、失神するほどの威力を持っている一言だと思う。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/07/07(火) 22:13:53|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

Query

Categories

Archives

Profile

Eagle

Eagle
上海市在住
日本語教師

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。