SNAPSHOT in China

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洛陽?「龍門石窟」

市街だと思える辺りを窓から覗き見る。

遠くに、かなり大きなタワーを確認した。

上海のシンボル、『東方明珠塔』によく似ている。

なんだ、タワーがあるじゃないか。

自分はタワーが好きだ。

理由は長くなるから今回はやめておく。

龍門石窟などより、タワーの方にすっかり気が移っていった。


465無事、着陸。

雲ひとつない。

気分も晴れた。

早速地図を買う。

まずは宿を決めよう。

駅周辺がいい。

もたもたしていたら、バスに乗り遅れたようだ。

タクシーが10台ぐらい並んでいるが、空港には自分ひとりだけ。

タクシードライバーのおっちゃんらが、自分を囲む。

自分「駅までいくら?」

タクシードライバーA「30元」

自分「高いな」

タクシードライバーB「40元」

なんでつり上げるんねん、高いゆうてるやん。

タクシードライバーC「お前他にアシないぞ」

ひどいなあ。

自分「仕方ない、30元!」

タクシードライバーA「発票(領収書)は?」
 
自分「いらない」

タクシードライバーAはさっさと自分をタクシーに乗せて出発した。

タクシーにはメーターが付いていた。

しまった。

自分から運賃を聞いたのが失敗だった。


駅から歩いて10分ほどの、解放路という道沿いにある、割とまともなホテルに決めた。

1泊130元。

とりあえず2泊することにした。

ロビーの女性はキリっとしたハムスターみたいな人だった。

部屋で少しゆっくりしながら、地図をながめる。

タワーの位置を確認する。

「石窟」へ行く途中に拝めそうだ。

明日はゆっくり石窟を見よう。

今日はとりあえず、そう遠くないところにある「白馬寺」に行こう。


ロビーで、白馬寺への行き方を聞くと、

ハムさん「少林寺には行かないの?」

自分「ぜひ行きたい」

ハムさん「だったら、明日8時半に、どちらも案内してくれるツアーバスがここに迎えに来るから、それに乗ったらどうかしら?」

自分「いくらですか?」

ハムさん「30元」

安いな、それでいいか。

ということで、その日は石窟に行くことにした。

 
30分ほどバスに揺られた。

途中、タワーが見えた。

帰りには途中下車して、がっちり写真をとるつもりだ。

雲ひとつないので、きれいな写真が撮れるはず。

バス停から石窟の入り口までは、結構歩かされる。

新設の町家風の土産通りを通る。
  
466石窟のチケットは、65元。

夜でも入れる。

石像たちがライトアップされるらしい。

数百個の穴それぞれに石像が彫られているので、一つ一つ丁寧に覗いていくが、

多くの石像は欠けていて、頭のないものが相当ある。

その頭の欠け方が、不自然なものが多い。

ガイドさんの話があちらこちら聞こえてくるのだが、北方が、とか、アメリカが、とか言っていた。

468この頭のなくなったわけを、この旅の途中で意
外な人物から聞くことになるが、

そのときはそういうわけなどは考えようとせず、

ただこの頭のない石像たちのそのままの今の
姿としっかり対面しようと思った。

ミロのヴィーナスやサモトラケのニケを鑑賞するように。

だが多くの人は、頭のない石像に対して無関心だった。

頭のある石像を見つけると、

「おっ、やっとあったあった!」

などと言い、記念写真を撮る。

そんな観光客の群れの外れにいたおじいさんが、

「仏さんにカメラを向けるもんじゃない」

と風のように言ったのが聞こえた。

自分もそう思う。

だが、写真愛好家としては、撮影禁止といわれてない限りは、写真を我慢することはつらい。

申し訳ない、と思いながら、自分も何体か撮らせていただいた。

その日はお詫びのしるしとして断食をすることにした。 

スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/26(水) 19:39:12|
  2. 遊記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【Y28】外灘/上海 | ホーム | 【Y21】シマウマ/上海>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://you1tai4.blog82.fc2.com/tb.php/9-0e4d3704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Query

Categories

Archives

Profile

Eagle

Eagle
上海市在住
日本語教師

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。