SNAPSHOT in China

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昇官図【sheng1 guan1 tu2】

子供の授業用に日本から双六(すごろく)を買って来ている。

双六をするときの子供たちのはしゃぎようといったらない。

競馬場の喧騒とした雰囲気に少し似ている。

日本語の練習になるように、止まったコマに書いてあることを読ませたり、

コマを進めるとき、「イチ、ニ、サン・・・」と言わせたりするのだが、

歓声や罵声が飛び交い、教師はゲームの制御役に徹しなくてはならない。

ところで、中国ではあまり双六が普及していないため、「すごろく」に値する詞が見当たらない。

もともと《双六【shuang1 liu4】》というゲームは、その詞とともに中国から日本へ輸入されたそうだが、

現代では「双六」という詞を知ってる人はほとんどいない。

ある子供は「迷宮」と言っていたが、これは「迷路」のことで、また違うものだ。

また、ある子供の親は、「日式跳棋」と言っていた。

「跳棋」というのは「ダイヤモンドゲーム」、つまり「日本版ダイヤモンドゲーム」というわけだ。


辞書には《昇官図》【sheng1 guan1 tu2】という詞がある。

これも、現代人には通じなかった。

ネットで調べてみると、以下のようなサイトが見つかる。

升官図

升官図~伝承中華文化与歴史零距離接触~

升官図3

上のような盤を使い、《白丁》(平民)から始まり、骰子(サイコロ)代わりの陀螺(コマ)を回して、

少しずつ出世して行き、最も位の高い《太師》を目指す。

上の写真の盤の枠にはマス毎に全て役職名が書かれているから凄い。

4面に《徳》《才》《功》《賍》と記されたコマを回し、《徳》が上向きであれば「3進む」、

《才》であれば「2進む」、《功》であれば「1進む」、《賍》であれば「そのまま」だそうである。

升官図2(これはコマの写真)

1セット398元です。高いです。ほしいけど、ネット販売なので、質に保証がないのが難点。


「すごろく」で思い出したのは、南京大虐殺記念館で見た「南京陥没すごろく」。

これは日本の子供が遊ぶ双六である。

僕があの記念館で一番ぞっとしたものだ。


授業で使いやすいように、双六を自作した。

マネーゲームb

おもちゃ銀行のお札があるので、それを使う。

「~をかう」のコマに止まると、そのモノの絵カードをあげ、裏に書かれた金額を払ってもらう。

次に同じ所に止まった人があれば、持ち主から同金額で譲ってもらう。

「かびん」が予想外に高いのが『ミソ』である。

この前中学生クラスで遊んだ。

反応がよくて、嬉しかった(泣)。



スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/06/15(月) 23:40:32|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【Y1021】施工/上海 | ホーム | 【Y1020】TISSOT/上海>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://you1tai4.blog82.fc2.com/tb.php/700-51544fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Query

Categories

Archives

Profile

Eagle

Eagle
上海市在住
日本語教師

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。