SNAPSHOT in China

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《鼠婦》

《鼠婦》【shu fu】とは?
 
まず僕の場合、子供の絵本に出てくるようなネズミのご婦人を想像してしまう。
 
ネズミご婦人の話しの語尾は、「~でございマウス」である。
 
しかし、実際はそんなしょぼい想像力では到底追いつけないようなモノを指すのだ。
 
《鼠婦》とは、誰でも知っているような馴染みの有る『虫』である。
 
ものの調べによると、この虫は世界中何処にでも生息しているそうだ。
 
この虫は鼠と同じく暗いところを好み、そのため経常(しょっちゅう)不注意で鼠の背中にぶつかってしまう。
 
まず、そこから《鼠負》といわれるようになる。
 
『負』【fu】と『婦』【fu】の発音が同じところから、《鼠婦》となる。
 
ここからは眉唾(まゆつば)ものだが、この虫は漢方薬として使われていて、
 
これを男性が服用すると、元気になって女性を渇望するようになるという。
 
そこから《婦》という字を使うようになったとか。
 
これは(ネット)上で調べたことなので信憑性はないが、話としてはおもしろい。
 
と、ここまでで《鼠婦》が一体なにものか分かった人はいるだろうか。
 
指でつっつくとくるっと丸くなる習性のあるあの虫です。
 
正解は、『ダンゴムシ』
 
異名として、『潮虫』(《潮》は「湿る」の意)、『西瓜虫』、『団子虫』などがある。
スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/19(金) 20:49:20|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【Y756】外灘/上海 | ホーム | 【Y755】外灘/上海>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://you1tai4.blog82.fc2.com/tb.php/376-1506d439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Query

Categories

Archives

Profile

Eagle

Eagle
上海市在住
日本語教師

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。