SNAPSHOT in China

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《躺》

最近肩が凝ってしょうがないので、按摩(マッサージ)に行きました。
 
今までこちらでは、足浴(フットマッサージ)しかしてもらったことがなかったのですが、
 
今回は思い切って、『中式(ちゅうごくしき)按摩』というものに挑戦(チャレンジ)してみました。
 
足浴が35元で、中式按摩が40元、差不多な値段だ。
 
最初にまず、「タン【tang3】」と言われ、恐らくこれは『(うつぶ)せ』か『仰向け』か
 
どちらかになれ、ということだとはわかったのですが、果たしてどちらなのかわからず、
 
3秒置いて、一か八かで『仰向け』になった。
 
女按摩師は何も言わない。
 
正解だったようだ。
 
恥を掻かずに済んだ。
 
まあ、「実は僕は日本人なので・・・」などと断ればなんでもないのだが、
 
それが煩わしいので、よかった。
 
後で辞書で調べてみると、《躺【tang3】》は『横になる』という意味しか書いていないので、
 
例え私が『俯せ』を選んだとしても、それは恥ずかしくもなんともないこと、
 
ただの杞憂だったのかもしれない。
 
こういうことは、きっとよくある。
 
咄嗟に例が浮かばないけど。
 
ところで、『俯せ』と『仰向け』という詞を、たぶん僕は中学生ぐらいまで
 
瞬時に判別できなかったようにおもう。
 
学校で、病院で、「仰向けになってください」と言われたときに、
 
はてどちらに向くのだったか、ということがあった。
 
無口で、本もめったに読んでいなかったからか、少しコトバに遅れがあったのだ。
 
実は、ご縁があって、上海で日本語教師をすることになった。
 
『俯せ』と『仰向け』がわからなかったものに、そんな仕事を任せてよいのか。
 
おまけに、3年の空白(ブランク)がある。
 
どうにかせねば。
 
 
按摩の方は正統的(オーソドックス)なもので、体格のよい女按摩師は
 
全身(もちろん局部を除く)を隈なくほぐしてくれた。
 
彼女の腕は申し分なかった。
 
途中、左手で指圧を加えつつ、右手で短信(メール)を打つという器用さを披露してくれたが、
 

これはまあご愛嬌。

スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/18(木) 15:15:01|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【Y755】外灘/上海 | ホーム | 【Y754】外灘/上海>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://you1tai4.blog82.fc2.com/tb.php/373-213e3c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Query

Categories

Archives

Profile

Eagle

Eagle
上海市在住
日本語教師

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。