SNAPSHOT in China

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《天天有鶏》

春節に、蘇州の上塘街を歩いていたときのこと。

北の方へずっと進んでいくと、《天天有鶏》【tian tian you ji】という文字が、

白壁に赤のペンキで書きなぐられていた。

中国には、『年年有魚』という言葉があります。

「魚」【yu】の発音が、「余」【yu】と同じであるため、

「毎年余りがあるように」→「いつまでも家計にゆとりがあるように」

という願いを込め、除夕(大晦日)に皆で魚を食す。(全部は食べないで、食べ残しをしする)

では、《天天有鶏》とは何だろうか。

ちなみに、《天天》は「毎日」という意味です。

一緒にいた中国人も解せぬようだった。

白壁の向こう側をのぞいて、合点した。

なんてことはない、ただのにわとり売り場だったのだ。

つまり、「にわとり、毎日売ってます」というわけだ。

何かおめでたい言葉かと思っていたが、考えすぎだったか。

いや、やはり《天天有鶏》はめでたい句だった。

『吉慶有余』という言葉があり、「吉」【ji】が「鶏」【ji】と発音が同じだ。

家庭によっては鶏料理も必ず用意するようだ。

それにしても、《年年有鶏》ではなく、《天天有鶏》にしているところが商売上手です。
スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/20(日) 20:13:50|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【Y565】上海 | ホーム | 【Y564】廃品回収/上海>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://you1tai4.blog82.fc2.com/tb.php/154-1d87825f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Query

Categories

Archives

Profile

Eagle

Eagle
上海市在住
日本語教師

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。