SNAPSHOT in China

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《芒果》

上海の呉江路という、にぎやかな屋台街で食事をする。

その後、近くにある「無印良品」へ行く。

日本より高い。

輸入品だから当たり前か。

それから、付き合いで向かいのブティック「《芒果》【mang guo】」へ入る。

《芒果》「マンゴー」とは、洒落た名前だと思った。

暇つぶしに、「Made in ○○」のところを見てまわる。

6~7割りは中国。

しかし、あとはバラエティーに富んでいた。

ベトナム、カンボジア、タイ、インドネシア、インド、トルコ、ハンガリー、イタリア、ペルー、コロンビア、モロッコ・・・

モロッコが中国の次ぐらいに多いのが以外だった。

店員にこのブランドはどこの国のだと聞いてみると、

「西班牙(スペイン)」と言った。

後で調べたことだが、モロッコは海峡をはさんでスペインと向き合っていて、

もう目と鼻の先といった距離にある。

やはりというか、スペイン領であった地域もある。

「モロッコ」の正式名称は「アル=マムラカ・アル=マグリビーヤ」といい、

『日の没する地の王国』という意味であることに、親近感を持った。

日本は『日出る国』だからね。

話を《芒果》に戻すと、『芒』という字は、「ススキ」に用いる漢字だそうだ。

あんなふわふわした植物にマンゴーのような果物が生ったら、

さぞ神秘的だなあと空想に耽る。

マンゴー

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/25(金) 09:18:23|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y575】上海

575

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/25(金) 07:05:09|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y574】上海

574

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/24(木) 07:04:03|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y573】上海

573

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/24(木) 07:02:57|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y572】上海

572

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/24(木) 07:00:41|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y571】上海

571

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/23(水) 09:49:31|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《大先生》

《先生》【xian sheng】とは、もともと年上の人、学問のある人の敬称であったが、

中国では現在、男性全般に対しての敬称に拡大している。

(少し前の中国語の教科書では、『同士』という言葉が使われていた。今はほとんど耳にしない)

むしろ日本の方が元来の意味に近いところでこの詞を使っているようです。

この前、蘇州十全街にあるCDショップで、

《大先生》【da xian sheng】というアーティストの名を目にした。

やはりまず日本語の意味が先に脳裏に浮かぶので、

池田大作みたいな人を連想した。

しかし、《大先生》はあのUKのバンドグループ、『Mr.BIG』のことだった。

Mr.BIG

日本にもし、《大先生》というバンドがいれば、とってもシュールだ。

ちなみに、中国では「先生、教師」のことを『老師』という。

たとえ20代の先生だとしても『老師』です。

中国では、日本ほど『老』の字を毛嫌いしない。

むしろこの詞によって親しみを表すようだ。

少し年上であれば、王さんのことを「老王」と呼ぶし、

結婚後自分の妻を「老婆」と呼び、妻は夫を「老公」と呼ぶ。

ドラゴンボール(中国語版)の悟空は、はっちゃん(人造人間8号)のことを『老八』と呼んでいた。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/23(水) 09:47:23|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y570】犬/上海

570

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/23(水) 09:08:18|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y569】上海

569

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/23(水) 09:07:26|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y568】上海

568

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/22(火) 10:18:31|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y567】上海

567

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/22(火) 10:17:09|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《東西》

「買い物」のことを、「買《東西》【dong xi】」といいます。

《東西》は、もちろん日本語と同じように方角の意味もありますが、

「モノ」という意味の場合は、『西』【xi】が軽声になります。

さて、では何故《東西》というのか、これがなかなか深い、感心しました。

「五行」というのがありますよね。

木・火・土・金(金属)・水のことです。

そして、東は木、西は金、中は土、南は火、北は水に属するという。

土・火・水はどこでも手に入るから、木(東)と金属(西)のみを重視して「モノ」=「東西」とした。

面白いですね。

物質を実体のない方角で表す。

しかし、土・火・水だってなきゃ困りますよ。

希少にならなければ有り難味がわからないものです。

一方で、《東西》を軽視するものとして使う表現もあります。

「あなたは《東西》ですか?」というのは、人を罵るときの表現です。

つまり、≪人間>東西「モノ」≫という構図ですね。

厄介なことに、「あなたは《東西》じゃありません」という表現も、

実は、「あなたは《東西》ですか?」と同じ意味の罵声語になるんです。

前文の、≪人間>東西「モノ」≫という構図に対し、

後文は、≪東西(木・金=重視するもの)>南北(土・火・水=軽視するもの)≫

ということなんでしょうか、たぶん。

あるときは東から西へ風が吹き、またあるときは西から東へ、みたいなイメージですね。

さっきから疑っているが、実は「モノ」には「実体」がないのか。

哲学的になってきた、やめよう。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/21(月) 12:38:22|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y566】餅を切る男/上海

566

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/21(月) 08:58:57|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y565】上海

565

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/20(日) 20:22:28|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《天天有鶏》

春節に、蘇州の上塘街を歩いていたときのこと。

北の方へずっと進んでいくと、《天天有鶏》【tian tian you ji】という文字が、

白壁に赤のペンキで書きなぐられていた。

中国には、『年年有魚』という言葉があります。

「魚」【yu】の発音が、「余」【yu】と同じであるため、

「毎年余りがあるように」→「いつまでも家計にゆとりがあるように」

という願いを込め、除夕(大晦日)に皆で魚を食す。(全部は食べないで、食べ残しをしする)

では、《天天有鶏》とは何だろうか。

ちなみに、《天天》は「毎日」という意味です。

一緒にいた中国人も解せぬようだった。

白壁の向こう側をのぞいて、合点した。

なんてことはない、ただのにわとり売り場だったのだ。

つまり、「にわとり、毎日売ってます」というわけだ。

何かおめでたい言葉かと思っていたが、考えすぎだったか。

いや、やはり《天天有鶏》はめでたい句だった。

『吉慶有余』という言葉があり、「吉」【ji】が「鶏」【ji】と発音が同じだ。

家庭によっては鶏料理も必ず用意するようだ。

それにしても、《年年有鶏》ではなく、《天天有鶏》にしているところが商売上手です。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/20(日) 20:13:50|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y564】廃品回収/上海

564

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/19(土) 23:29:00|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《飛机場》

中学、高校の頃、『ジョジョの奇妙な冒険』という漫画に夢中になった。

初めてジョジョを知ったのは、週刊ジャンプ(もう休刊になりましたか?)で、

ジャンケンをしながら鬼気迫る格闘をしていて、わけが解らなかった。

その解らなさが、少年の気を引いたんですね。

古本屋で一巻からゆっくりと集め始めた。

新刊を待つのが待ち遠しかったのを思い出す。

現在連載中の「STEEL BALL RUN」という漫画もジョジョの世界と繋がっているらしい。

いつか読みたい。

ところで今日、そのアニメ版(第3部)のDVDを手に入れたので、鑑賞した。(4話まで)

うう、懐かしい。

アニメによって味わえる面白みもあるのは認めますが、

やっぱりというか、残念なところがあった。

一番は、DIO(悪役)の声。

それから、承太郎の「オラオラオラオラ~」が違う。

で、ストーリーとは関係ないのですが、女の子同士の会話で、

「ブス!ぺチャパイ!」

というセリフがあった。

この中国語訳が面白い。

「猪八戒!飛机場!」

《飛机場》【fei ji chang】は普通は「飛行場、滑走路」を表しますが、

それが転じて、女性の平坦な胸をも言い表すようだ。

じゃあ、飛行機は何に当たるのだろう。

まあそんなことより、こんな意味が付いてしまっては、

中国の女性は飛行機に乗るのを嫌がるかもしれない。

本当に通じるかどうか確かめるため、使ってみた。

すると、「あんた死にたいの?」

と言われた。

外国語の勉強は命懸けだ。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/19(土) 23:25:05|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y563】上海

563

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/19(土) 14:29:47|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《軟柿子》

中国のインターネット上では、米CNNのキャスターの中国を中傷する発言に対し、

批判の声が高まっているようだ。

そのなかで、「CNNのような《軟柿子》は中国メディアでは見たことがない」という言葉があった。

《軟柿子》【ruan shi zi】、軟らかい柿。

米CNNのキャスターを《軟柿子》に喩えるのが面白い。

硬い柿は渋くて不味いから、軟らかくて甘くておいしいのだけ選り分けて食べる。

転じて、苛めやすい人を見つけては苛めるような人を批判する言葉らしい。

確かにあのキャスターは言いすぎだと思うけど、中国政府のチベットの扱い方は、

それこそ《軟柿子》ではないのか。

国益を第一に考えすぎで、チベット民の感情をおざなりにしすぎなのではないか。

同僚の中国人の兄が、オーストラリアで仕事をしている。

この度の聖火リレーの防衛活動に参加するらしい。

同僚は言う、自分がもしあちらにいたら、やはり参加すると。

世界中が注目するオリンピックで顔に泥を塗られては、

面子を大事にする中国人は我慢できないのもわかる。

とはいえ、一方で、うちの会社の若者の大多数はあんまり政治に関心がない。

先が読めない。

もうすぐ長野に聖火が行くそうだが、果たして日本の対応はいかなるものになるであろうか。

中国同様ナショナリズムが過ぎるようなことだけはしないで欲しい。

shizi

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/18(金) 10:53:03|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y562】散髪/上海

562

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/18(金) 08:15:04|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y561】上海

561

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/18(金) 08:13:51|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y560】上海

560

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/17(木) 14:10:07|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y559】上海

559

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/17(木) 14:09:26|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y558】上海

558

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/17(木) 14:05:38|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《日語》

中国語の発音で、日本語母語話者にとって最も難しいのは、【ri】と【yu】だと思います。

【ri】は、舌を軽く反って口の中で宙ぶらりんにさせた状態で発音します。

【yu】は、日本語の【う】を発音する時より唇をもう少し尖がらせて、舌を前面に寄せて発音します。

最近気づいたことなんですが、この両方の発音を有したよく使う単語があり、

それが「日本語」を意味する《日語》【ri yu】なんです。

自分はこの単語をよく使いますが、いつも発音のし辛さを感じます。

日本人が最も苦手な単語が「日本語」《日語》だなんて。

しかし、【ri】にしても【yu】にしても、今まで言語として認識してこなかった音を認識するようになることは、外国語を学習することの喜びだと思います。

RPGで新しい技を習得したみたいな。

また、【ri】や【yu】を独りで繰り返し発声練習していると、

何かが開放されていくような感覚を覚えます。

日本語に縛られていた感覚が解き放たれるような。

こんな感覚で英語を勉強できていたら、きっと英語もよく身についたのに。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/17(木) 10:05:16|
  2. 生詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y557】古胥門元宵灯/蘇州

557

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/16(水) 10:56:39|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y556】古胥門元宵灯/蘇州

556

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/16(水) 10:56:07|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y555】古胥門元宵灯/蘇州

555

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/16(水) 10:54:49|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y554】古胥門元宵灯/蘇州

554

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/16(水) 10:53:20|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Y553】古胥門元宵灯/蘇州

553

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/04/16(水) 10:52:47|
  2. 照片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

Query

Categories

Archives

Profile

Eagle

Eagle
上海市在住
日本語教師

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。